1: 名無しさん 2017/07/20(木) 17:08:29.63 ID:CAP_USER9
    アジアサッカー連盟(AFC)は20日、済州ユナイテッド(韓国)の2選手が
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・浦和レッズ戦の乱闘騒ぎで受けた処分を軽減すると発表した。

     AFCは当初、浦和戦で問題を起こしたDFチョ・ヨンヒョンに6か月の出場停止と
    罰金2万ドル(約220万円)、DFペク・ドンギュに3か月の出場停止と
    罰金1万5000ドル(約165万円)の処分を科すことを決定。前者は試合中に
    退場処分となりながらも終了後にピッチへ乱入して審判に抗議を行い、
    後者は浦和MF阿部勇樹の顔にエルボーを入れる暴力行為に及んでいた。

     しかし、処分を不服として済州が行った異議申し立てが認められ、
    チョ・ヨンヒョンの出場停止が6か月から3か月、ペク・ドンギュの出場停止が
    3か月から2か月にそれぞれ軽減。韓国『朝鮮日報』では
    「浦和の選手たちの挑発があり、チョ・ヨンヒョンの場合は意図的ではなく、
    模範的なキャリアを積んできた」と理由を挙げている。

    ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01641940-gekisaka-socc
    computer_keyboard_yatsuatari_man

    【AFC、“乱闘”済州の処分を軽減「浦和の挑発があり、意図的ではなかった」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/20(木) 16:54:28.29 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00010006-bfj-ent
    7/20(木) 14:43配信

    7月19日、TBS系列にて放送された「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」。その中で紹介された心霊写真が問題視されている。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

    “とある展望台を訪れたときに撮影された写真”として紹介された写真には、男性3名が写っており、その後ろには女性のような顔が写っていた。
    番組はこれを霊とし、心霊研究家・池田武央氏はこの場所で事故死した女性の霊と説明。この世に強い未練を残しており、すぐにお焚き上げすることを勧めた。

    しかし、放送直後、Twitter上で写真に写っている男性たちの友人らから「合成です!」「テレビの闇」など指摘する声があがった。

    Twitterには元の写真も投稿されており、そこには番組にあった顔は写っていない。BuzzFeed Newsにも画像を提供してもらい、確認をしたが顔らしきものはみられなかった。

    写真に写っている男性本人によれば、これは昨年5月頃に神奈川県の湘南平の展望台で撮影したもの。
    男性は「写真に顔など写っていません」と心霊写真であることを否定した。また番組側から事前に使用許諾はなかったとのこと。
    ほか2名の男性も「俺、(テレビに)写っているんですか?」「テレビ怖い」と話している。

    BuzzFeed NewsはTBSに対し、写真の出典元や元画像と違う箇所があること、許諾の有無などの回答を求めたが、広報部は「お答えすることはない。回答は控えさせていただく」とコメントしなかった。

    番組では四角の部分に顔らしきものが写っていた。
    no title


    ★1 2017/07/20(木) 15:32:20.66
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500532340/

    【「心霊写真」に合成の疑い 番組側は「回答を控える」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/20(木) 16:53:17.76 ID:CAP_USER9
    歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が6月22日に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)が通っていた病院に対して訴訟も辞さない構えであると発売中の『女性自身』(光文社)が報じ、波紋が広がっている。
    海老蔵は麻央さんに対する検診や治療方針が間違っていたのではないかと不信感を募らせ、その再検証を求めるために3000万円以上の治療費の支払いをストップ。
    病院側の対応が不十分なら訴訟準備を進めるつもりだというのだ。

    ■「入院費3000万円払わない!」海老蔵が怒りの訴訟準備か

    麻央さんは2014年2月に海老蔵と二人で受診した人間ドックで乳房の腫瘍を指摘され、その8カ月後に多忙のために遅れてしまった再診で乳がんを告知された。
    それと同時に脇のリンパ節にがんが転移していることが発覚し、当時通っていた有名総合病院からは「早めに切るべき」と提案されたが、麻央さんと海老蔵は「切らずに治す」という治療法を模索する道を選んだ。

    だが、その後もがんの進行は止まらず、同誌によると昨年2月に都内屈指の大病院に入院。
    最先端の放射線治療や抗がん剤投与を受けたはずだったが、海老蔵はその治療法に納得がいかず、わずか5カ月後の同年7月に別の有名大学付属病院に転院したという。
    しかしそれでも病状は一向に回復の兆しを見せず、今年5月には在宅治療に切り替えることになっている。

    苦しい闘病の末に麻央さんが亡くなった後、海老蔵は検診や治療方針が間違っていたのではないかと主張し、病院側に治療が正しかったのかどうかの再検証を求めているという。
    麻央さんの入院で掛かった治療費は1泊5万円の個室や保険適用外の新薬などで総額3000万円以上にのぼるが、海老蔵は再検証の結論が出るまで支払いをストップ。
    十分な検証がされない場合は「怒りの訴訟」を起こす構えだという。

    「昨今は『セカンドオピニオン』という言葉が広まり、ひとりの医師の見立てだけでなく他の病院を回ってより自分に合った治療法を模索するという選択肢が増えた。
    しかし、それでも三つの大病院を転々とするというケースは非常に稀です。それだけ当時の海老蔵さんと麻央さんの心は揺れ動いていたのでしょう。
    そういった時期に適切な検診や治療を受けられなかったすれば海老蔵さんの怒りも理解できますが、何をもって治療が不適切だったのかというのは証明が難しく、大病院に“医療ミス”を認めさせるのは容易なことではありません」(医療関係者)

    この報道にネット上でも賛否両論が飛び交った。
    「気持ちはわかる」「病院はちゃんと対応すべきだね」「医療ミスをなくすためにも頑張ってほしい」などと賛同の声がある一方で、「最初に標準治療を断ったのは海老蔵なのでは」「気持ちはわかるけど病院に怒りをぶつけても仕方ない」「治療法が合うかどうかはやってみなきゃ分からないでしょ」と病院側に同情的な意見もあり、議論が巻き起こっている状況だ。

    「医療ミスの真偽はともかく、海老蔵さんは『切らずに治す』という治療法を模索する中で水素水や気功などを使った民間療法に傾倒してしまった時期があるといわれている。
    大病院に入院するまでの空白の期間があるため、それが今回の訴訟報道で反発の声が上がる原因にもなっているのでは。
    しかし、最初の検診でがんを見落とさずに早期発見したり、医師が標準治療の重要性をもっと説いていれば治療が早まった可能性もあり、どちらに責任があるとは言い難い状況です」(前出・関係者)

    海老蔵は自身のブログに「この世に彼女がいない事がまだ受け入れられない」などと綴り、17日朝に掲載された自撮り写真に「やつれたように見えます」「大丈夫ですか?」といった声が寄せられるなど心身ともにダメージが心配されている。
    ここで訴訟騒動が起きるようなら、さらに心労が蓄積してしまいそうだが、どのような道を選ぶことになるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1335674/?page=all
    no title

    【市川海老蔵「小林麻央さんの入院費は払わない」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/20(木) 16:18:39.88 ID:CAP_USER9
    2017.7.20 15:34

     沖縄県警は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動で工事関係車両の通行を妨げたとして、道交法違反(禁止行為)の疑いで、住所不詳、自称無職の75歳の男を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は20日午前9時15分ごろ、移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブゲート近くの国道329号で、資材を運んでいたダンプカーの前に立ちふさがり、通行を妨害した疑い。

    http://www.sankei.com/west/news/170720/wst1707200068-n1.html
    computer_keyboard_yatsuatari_man

    【ダンプカー前に立ちふさがる 工事車両妨害疑いで反対派の自称75歳男逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ